大矢螺子工業株式会社:業務紹介「品質管理」 目視検査は、毎日が宝探しです(笑)
従業員画像1

-部署としてはどのような業務を担当しているのでしょうか?

嶌田:機械検査と目視検査の2つの工程があり、それぞれで商品として出荷できるかどうかを、確認する業務です。

-どのような業務を担当してますか?

嶌田:目視検査を担当しています。検査台にネジを広げて、長さや形状を見て、異品混入や曲がりがないかなどを確認しています。
曲がりなどのトラブルは、機械の調子によって左右されるので、問題の出る可能性がある場合、事前に報告があるので、そのときは特に念入りにやっています。
1ケースには通常500本から1500本、小さなネジでは2000本から3000本ぐらいですね。それを3分ぐらいで確認していきます。最初の頃は15分ぐらいかかると思いました。

-今の仕事でおもしろいことは?

嶌田:本来見つかったらダメなんですけど、事前報告のない状態で見つかると楽しくなりますね。
自分は宝探しだと思ってやっています(笑)
だから、新しく入った人にも
「これは宝探しだと思ってやれば楽しくなるよ」
と言っています。見つけても宝じゃないから、お金持ちにはなれないですけどね(笑)

-逆に大変なことは?

嶌田:小さいネジのケースだと、重量が重くなるので、それが大変ですね。基本的に体力勝負です(笑)

-嶌田さんにとって大矢螺子はどんな会社?

嶌田:家庭的なところですね。自分のことをキチンとやれたら、楽しく働ける場所だと思いますよ。

従業員紹介

従業員写真 従業員見出し

世話好きでお話好きと社内で評判。10年以上の検査歴で、正確な検査技術と社内の最新情報は見逃さない。
休日には良き母親で、娘と歩いていると姉妹に間違われることもあるとか。